住宅診断士

未分類

ホームインスペクターの選び方 その3≪床下・小屋裏進入調査が可能なホームインスペクターを!≫

床下・小屋裏(屋根裏)の調査を別途にしている会社もありますが、ホームインスペクション・住宅診断においてこれは必須と言っても良いでしょう。かし、宅建業法に定められるインスペクション(建物状況調査)においてはこの進入調査は必須事項とはなっていないのです。 ここら辺が意見の分かれてしまうところですが、インスペクションマンの経験上は床下・小屋裏の調査は必須と言い切ります。
未分類

リフォーム一括見積サイトとホームインスペクター

リフォームを検討しようとしたときに誰に頼めば良いかわからない。何処に相談したらよいかわからない。そんなことってありませんか?そんな時に役立つ?のがリフォーム見積一括取得サイト。 多くの情報がまとまっていて利用者としては依頼しやすいと思いますが、実際にはどうなのでしょうか。便利さと気を付けるべきことについてちょっと考えてみましょう。
未分類

ホームインスペクターの選び方 その2 ≪現場管理経験のあるインスペクターを探せ!≫

住宅の工事については基本的に設計者と工事監理者と工事管理者(現場管理者)がいます。 そこで注意するのが工事『監理』と工事『管理』の違いです。 『かんり』って同じじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、これがちょっと違うんです。工事監理者は法的に定められた建築士の独占業務です。施工者が行う工事を設計図書通りに進めているかどうかを確認する役割です。
未分類

ホームインスペクターの選び方 その1 ≪本当に第三者かを読み取れ!≫

仕事は誰かの協力があって成り立っているものが多く、その仕事に関しても義理・人情というものがあります。ホームインスペクションという仕事の性質上、他人の仕事に対して指摘をしたり、仕事の流れを阻害してします可能性はゼロではありません。
資格

JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)

日本のホームインスペクター(住宅診断士)のパイオニア的な民間資格。 それが日本ホームインスペクターズ協会公認ホームインスペクター(以下、JSHI公認ホームインスペクター)です。 ホームインスペクターは建築業界・不動産業界等の知識を一気通貫してバランスよく持ち、第三者として適切なアドバイスをすることが求められます。
資格

建築士(一級建築士・二級建築士・木造建築士)

住宅診断士(ホームインスペクター)という資格もある中でなぜ建築士が代表的なのか。2018年のインスペクション制度がスタート時、日本のインスペクション(建物状況調査)は建築士且つ既存住宅状況調査技術者であることが求められたからです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました