資格

JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)

日本のホームインスペクター(住宅診断士)のパイオニア的な民間資格。 それが日本ホームインスペクターズ協会公認ホームインスペクター(以下、JSHI公認ホームインスペクター)です。 ホームインスペクターは建築業界・不動産業界等の知識を一気通貫してバランスよく持ち、第三者として適切なアドバイスをすることが求められます。
未分類

売主が証明しておくべき劣化状況について

中古住宅(既存住宅)の場合は建物の劣化は付きもの。 人間だって顔を洗ったり時にはケガや病気をしたりしますよね。その時にほったらかしにしていれば余計悪くなったりします。建物も同じで予め調査をしてその不具合を明示しておくということは買主のことを考えたら重要なことではないでしょうか。
資格

建築士(一級建築士・二級建築士・木造建築士)

住宅診断士(ホームインスペクター)という資格もある中でなぜ建築士が代表的なのか。2018年のインスペクション制度がスタート時、日本のインスペクション(建物状況調査)は建築士且つ既存住宅状況調査技術者であることが求められたからです。
未分類

売主が証明しておくべき耐震性について

住宅を売却する際にはその建物に適正な品質があるかどうかで大まかなふるいとその他の小さなふるいに掛けられます。その一つとして大きなものが耐震性のふるい。これから売却しようとしている建物が今の法律に適合しているか確認しましょう。
未分類

仲介業者・売主がやるべきホームインスペクション・住宅診断

すごく役に立つインスペクションの話|『今の家、住まなくなったから売却しようか』なんて話している人もいるかもしれませんが、果たしてどうやって?大丈夫だよって言いきれればいいのですがどうでしょうか?それを証明するのが難しいのです。
未分類

ホームインスペクションは誰がどれを依頼するの?

ホームインスペクションには様々な種類があります。 その種類やタイミングまた依頼主の立場よってそれぞれのニーズややるべき内容が異なってきます。今回は依頼者から見た立場、そのメリットとデメリットについて触れていきます。
住宅支援制度

手遅れになる前に!耐震基準適合証明書(瑕疵保険付保証明書)の発行について

確定申告シーズンのこの時期に『耐震基準適合証明書』の発行について問い合わせが増えるのはなぜでしょう。中古住宅購入後、住宅ローン控除(減税)を受けようとした場合の必要書類が耐震基準適合証明書若しくは既存住宅売買瑕疵保険の付保証明書だからです。
未分類

ホームインスペクション(住宅診断)の第三者性について

住宅診断は第三者性が最も重要です。その会社がホームインスペクションを専門にしているのか、そうでないのかはまず調べておいた方が良いです。リフォーム屋さんとホームインスペクターが同じ会社だと、ちょっとしたトラブルが起きる可能性があります。失敗しないホームインスペクターの探し方は資産を守る最低限の知識です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました