ホームインスペクション

未分類

建売住宅のビジネスモデルがいよいよ注文住宅の品質を超える!?

あなたは建売住宅と聞いて、どんなイメージを持ちますか?正直なイメージで言えば、注文住宅よりランクが低い。安い、品質が不安…等、価格が低い為にそんなイメージがある方もいるかもしれませんね。でも本当はどうなのでしょう?
未分類

悲報!色んな意味で本格化!?インスペクションが黒い何かに侵される!?

最近とくに感じることが、制度化した2018年当初は見向きもしなかった不動産屋さんからの問い合わせが劇的に増えているということ。とても良い流れになってきたな…と思う一方で、中にはおかしな問い合わせも…。
未分類

住宅診断・ホームインスペクションの診断項目数

家の隅々まで診てもらえるホームインスペクション。
その項目数が多ければ多いほど良い!!……と思っていませんか? 確かに検査項目数が多ければなんとなく安心感は高いですよね。でもそこに潜む落とし穴?今回はそんな診断項目数について、感想を述べていきます。
スポンサーリンク
未分類

住宅会社の技術力。どこで見破る??

住宅の建築をするときに、たぶん最も気になる部分ではないでしょうか。『このハウスメーカーに技術力はあるのか?』一見、技術力がありそうな会社だから大丈夫。 みんな建てているし、売れているから大丈夫。実績が多いから大丈夫。そんな風に思っていませんか?
未分類

雨漏り修繕の話。『雨漏り直しました!』は信じていいのか!?

中古住宅は雨漏りのひとつやふたつ当たり前!とは言わないけれど、意外とよく言われます。『雨漏りしてたけど、直しましたから大丈夫です!』という不動産やさんの話。インスペクションマンは幾度となくこの言葉を聞いてきました。でもほとんどの場合…。確かに天井に染みはあるけど、水は垂れていなさそう。雨漏りの直し方?隠し方にもいろいろあるので、ちょっと聞いてくださいね。
未分類

攻めるホームインスペクション!売却時に情報開示が必要な理由。

攻めるホームインスペクションについて。 どちらかというとこれから建物を売ろうとしている方へのお話です。
資格

建築施工管理技士

ここでは住宅診断・ホームインスペクションに関する資格についてご説明します。 建築・住宅関連の資格は多くありますが、それぞれのやっていることは全く違うのです。 今回は『建築施工管理技士』『1級建築施工管理技士、2級建築施工管理技士』などがありますが、特に1級について難易度が高いです。
未分類

調査と施工の関係『①地盤調査と地盤改良会社』

地盤調査報告書と地盤改良工事の関係。実はこれもホームインスペクションとリフォーム工事のような関係なのです。
資格

既存住宅状況調査技術者(国が定めたインスペクションの資格)

ここでは住宅診断・ホームインスペクションに関する資格についてご説明します。 今回は既存住宅状況調査技術者。何だか長い名前ですが、子の資格こそ日本のインスペクション制度に必要な資格なのです。
未分類

ホームインスペクター(住宅診断士)の選び方 その5 ≪ 建築士の弱点 を知る!≫

ホームインスペクター.JPではさらに『爆弾発言』をします。 一級建築士じゃなきゃダメって言ってるじゃない…を更に覆します。『私、一級建築士ですから…』という人の数々の手抜き、不正、欠陥を指摘してきた経験上これはヤバいだろと思ったからです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました