ホームインスペクションとアスベスト(石綿)築古投資物件は特に注意!?

DIY・投資物件とアスベスト(石綿)|ホームインスペクション・住宅診断・住宅検査の選び方|ホームインスペクター、住宅診断士になりたい方も必見!|北海道・青森県・山形県・秋田県・岩手県・宮城県・福島県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・埼玉県・神奈川県・東京都・山梨県・静岡県・長野県・新潟県・石川県・富山県・岐阜県・滋賀県・福井県・愛知県・三重県・和歌山県・京都府・大阪府・奈良県・兵庫県・岡山県・鳥取県・島根県・広島県・山口県・高知県・徳島県・愛媛県・香川県・福岡県・佐賀県・大分県・宮崎県・熊本県・鹿児島県・長崎県・沖縄県・関東・関西・近畿・東北・九州・四国・北海道未分類

ホームインスペクション(住宅診断)が投資物件の購入判断に使用されることもしばしば。

最近は格安な物件を狙って購入し、賃貸に出し高い利回りを狙う方が増えているようです。古ければ古いほど劣化が進行しますし、性能も低いことが多く、建物の価格が安くなります。

建物の価格がゼロなんてものもかなりありますね。

安い!と思って手を出しがちですが、ちょっと注意すべき点があります。

今回はそんなところをポイントに話しますね。

DIY・投資物件とアスベスト(石綿)|ホームインスペクション・住宅診断・住宅検査の選び方|ホームインスペクター、住宅診断士になりたい方も必見!|北海道・青森県・山形県・秋田県・岩手県・宮城県・福島県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・埼玉県・神奈川県・東京都・山梨県・静岡県・長野県・新潟県・石川県・富山県・岐阜県・滋賀県・福井県・愛知県・三重県・和歌山県・京都府・大阪府・奈良県・兵庫県・岡山県・鳥取県・島根県・広島県・山口県・高知県・徳島県・愛媛県・香川県・福岡県・佐賀県・大分県・宮崎県・熊本県・鹿児島県・長崎県・沖縄県・関東・関西・近畿・東北・九州・四国・北海道
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

かなりヤバめな、アスベスト(石綿)

最近の流行ってきているDIY。
YouTube等でも改修のやり方などの動画が多くアップされていますので、比較的やりやすい環境になっているのもそのブームを後押しする要因の一つです。

しかし動画を見ていて大丈夫なの?と思うことが…。
解体の時の動画が多いです。

でっかいハンマーで壁を壊したり、天井を落としたり。

ストレス発散で超楽しそう!って思う方もいると思いますが、語られない事実があります。

それはアスベスト(石綿)に関する考え方です。

国に賠償命令の判決が下った。

数十年前までアスベストを使用した建材は当たり前のように使われていました。とても優秀な素材のと言われていた為、様々な建材に混入されており、当時そのアスベストを吸って健康被害を受けた方々だくさんいらっしゃいます。

そして近年、健康被害を受けた方々が訴訟を起こし、国に賠償命令が下っているのをニュースで見た方もいると思います。

つまり今後、国が主導してこのアスベストの対策を行っていかなければまた賠償責任を負わなければならないなんてことになりかねません。

国も必死ですよね。

急激に法整備が進むアスベスト規制

そんなこんなで、現在では色々と問題のあるアスベストですが、その法整備の変遷に伴い、基準が厳しくなってきています。

当時は法律に適合していたもの(含有量が当時の規定値以下のもの)でも現在の法律に当てはめると、アスベスト含有あり。となります。

もちろんそれをそのまま解体すると健康被害を受ける場合もありますが、投資家の方が気にしなければいけないのが、撤去時の費用ではないでしょうか?

そのアスベスト含有ありと判定された場合には、その解体や撤去時にそれなりの費用が生じてくる可能性があります。数十万~数百万になる可能性も…。

それを知らずして数年運用して解体すればいいや…と思っている方は特に注意が必要です。

物件を取得した時点でその負債を抱えていることになるんです。
私は税理士ではないので、詳しくはありませんが会計の方のも負債として絡んでくるようですよ。

でも今までそんな話聞いてなかったよ…。という方もいるかと思います。

それもそのはず。ここ数年でアスベストに関する法改正が急激に進みます。

その大きな法改正の第一弾が2021年4月~施行になった法律。

詳しくは環境省の動画が公開されてます。

大気汚染防止法及び政省令の改正について

数年後に法律の規制がかけやすくなったタイミングでは手遅れかもしれません。いまはその調査をする人間を急ピッチで育成していっている状態です。

投資物件として月数万円の利益を得てと思ったら、それはアスベスト撤去費用に消えていく可能性があります。

特に木造住宅の場合、建物の残存寿命とアスベスト関連費用を差し引いて利回りの計算をしてみると…。考えたくないかも…。

ホームインスペクション(住宅診断)をして調べれば大丈夫?

建物の調査という意味ではある程度分かるかもしれませんが、ホームインスペクションとアスベストの調査は異なります。

アスベスト調査は『建築物石綿含有建材調査者』という別の資格を持ったものが行う調査になります。なので別手配で行わなければならない可能性があります。

資格名称の通り、アスベストは建材に含まれているものが多いです。
建物の構造部分や雨漏りの部分とは異なった判断が必要になります。

建材に含まれているということは、建物の根本にあまり影響がないから大丈夫とは言えないですね。

石こうボードにも含まれているので、『この壁は構造じゃないから大丈夫だよ!』というわれて『わー、楽しー』って壁を壊すのは実は楽しくありません。

まとめ

いかがでしょうか?

アスベストの規制が強化されてという情報は多く見ますが、今後どのような影響が出るかまで考えると恐ろしいですね。

解体を伴わず、アスベストを封じ込める等の方法もありますので、最適な方法を選択しましょう。

今後の動向に注意しておきましょう。

インスペクションマンでした!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました